そもそも不眠症とはどのような病気なの?

スポンサーリンク

不眠症というのは、自律神経との関連性が多いといわれています。
これは、副交感神経の機能が低下するためでそのために眠るということがなかなか難しということになります。
また夜眠ることが困難だけど、日中に眠くなるという方もいます。
不眠症の3つの分類されており、
「入眠困難」
入眠が困難でなかなか寝付けない、眠るまでに時間がかかる
「中途覚醒」
一度睡眠に入ることができるけど、一度目が覚めると寝付けなくなるものです。
「早朝覚醒」
こちらは、すぐに眠ることができ、なおかつ途中に目覚めることがないというものです。
一見、不眠症なの?っとおもうかもしれませんが、この不眠症は何時に寝ても朝早く4時、5時に目が覚めてしまうというものです。

スポンサーリンク

不眠症は分類が1つだけの方もいれば、すべて当てはまる人もいます。
3つ全部に当てはまる人もいます。当然すべて該当する人のほうが重度の不眠症といえます。
・原因
不眠症の原因はいくつかありますが、多くは自律神経の乱れが原因とされています。
これは自律神経失調症というもので体の体温調整や内臓の働きなど実にさまざまな部分で24時間稼働しており、主に無意識に体の調整をしてくるものががいとうします。
そして、ストレスなどにより自律神経がくるってしまうと、交感神経の緊張が異常に興奮してしまい不眠症になるといわれています。
また稀な例としては、脳に障害がある場合に不眠症の症状が起こることがあります。
あまりに不眠症が続いている方が細かい検査を脳外科などで行うことがけんめいかもしれません。
また、自律神経失調症まではいかずとも、自律神経のコントロールが狂うことで症状が起こります。
中には、1日数時間の睡眠で生活をしているショートスリーパーという方もいらっしゃますが、これは数時間で質の高い睡眠をとっているからできることであり、不眠症とは全く異なるものになります。
・治療方法とは?
不眠症の対策というのは、交感神経の興奮を抑えることといわれています。
とは言ってもどうすればいいのか?言葉で書いてあっても実践としてどうすればいいのかわからない方がたくさんいるのではないでしょうか?
交感神経の興奮を抑えることは生活習慣の改善といえます。
自律神経失調症の場合には、長期の医療機関での治療が必要になります。
しかし、交感神経の異常に関してですと、生活を見直すことで正しく機能をするという事が出来ます。

不眠に関しての具体的な対策や治療方法については当サイトのページに記載してありますので、ぜひ自身やご家族の間で子活用できれば幸いです。

スポンサーリンク