不眠症の原因はたばこかもしれません!?

スポンサーリンク

夜寝付けなくて辛い、眠りが浅くてすぐ目が覚めてしまう等のお悩みをお持ちの方はいませんか。
一日の疲れをとる為にも重要な睡眠ですが、眠れないことでイライラしたり、ストレスを感じたりして、逆に疲れの元となってしまう事もあります。
このような症状でお悩みの方に知っておいてもらいた事があります。
それはたばこが原因となっている可能性があるということです。
不眠症患者には喫煙者が多いということがわかっています。
また、その症状は喫煙をやめれば改善される場合が多いという報告もあります。
喫煙者はリラックス効果や精神の安定を求めて、たばこを吸っている人が多いですが、実はそれが逆効果となっているのです。
たばこには沢山の成分が入っていますが、その中のニコチンという成分には鎮静作用と覚醒作用があります。
吸った直後は鎮静作用によるリラックス効果がありますが、そのあとすぐに覚醒作用が働きます。
ニコチンにはアドレナリンの分泌を促す作用があり、それが脳を覚醒させるため、睡眠の妨げとなるのです。
喫煙者は非喫煙者よりも不眠を訴える割合が4〜5倍だと言われています。
また不眠症ではなかったとしても、寝付くまでの時間、睡眠時間は非喫煙者よりも短く、眠りも浅いという実験結果も出ています。

スポンサーリンク

このように、眠りとたばこは密接に関係しており、不眠症の原因となるのもうなずけます。
喫煙者が、質の良い眠りを手に入れたいのであれば、禁煙をするのが一番の近道であると言えます。
しかし、たばこは中毒性が高いため、実際に禁煙をするとなると難しいということは良く知られています。
なので、最終目標を禁煙とし、そこに向けて徐々にたばこの量を徐々に減らしていく方法をおすすめします。
脳の覚醒の原因となっているニコチンの半減期は約2時間とされています。
なので、まずは寝る2時間前からはたばこを吸わないようにしてみましょう。
それでも無理だという人は、寝る30分前、1時間前と徐々に時間の感覚を広げるようにすると良いです。
2時間という目安は、あくまでニコチンの量が半減する時間なので、多少の寝つきの悪さや、眠りの浅さは残っています。
そのためイライラしてしまいがちですが、そこでまた喫煙してしまっては意味がありません。
そこは我慢をしましょう。
就寝前の喫煙のコントロールができるようになれば、日中のたばこの量もコントロールしやすくなります。
不眠症状に悩まされないためにも、是非禁煙にチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク