不眠症の原因と恋愛の関係及び対策

スポンサーリンク

夜、寝付くことが出来なかったり寝付いても途中何度も覚醒してしまったりして日常生活にも影響を及ぼすことがある不眠症ですが、運動不足によるものやストレスお酒の飲みすぎなど様々なものが原因になると言われています。
そして一見不眠症とは関係がなさそうに思える恋愛も大きな原因の一つです。
恋愛で不眠症になる原因の一つは寝る前に好きな人のことを考えることによる精神的な興奮です。
好きな人ができると、相手とこんな関係になりたい、相手は自分をどう思っているのかなど色々なことを考えてしまいます。
そしてそれを考えるのは忙しい日中ではなく、何もかもから解放された時間である夜、寝る前の布団に入っている時です。
中にはその時間に好きな人との妄想に入っていく人も多く、精神的に興奮することによって眠れないということが起きるのです。
また好きな人ができるとメールや電話のやり取りは、相手との関係を深める絶好のチャンスです。
そんなメールや電話も時には不眠の原因となります。
相手にメールを送ったものの返事が来ない、電話したいけど勇気が出ないなど相手はどう思っているのだろうとメールや電話の一言一言に一喜一憂してしまう場面が多く出てきます。
よって恋愛における電話やメールが招く気持ちの不安定さも不眠症の原因となるのです。

スポンサーリンク

そんな恋愛が原因の不眠症を改善するために有効な対策はどのようなものがあるのでしょうか。
恋愛にのめり込んでしまうとどんな時でも好きな人のことを考えてしまい、他のことは考えられない状態になる人は多いです。
そんな時は、意識してリラックスできる環境や時間を作ることが大事です。
好きな音楽を聴いてみたりリラックス効果のあるアロマを焚いてみたり、恋愛から離れる時間を作ることで、恋愛に対する不安定な気持ちが和らぎ不眠症の改善にもつながります。
また、自分の好きな人に対する今の気持ち、不安な要素などを思いつく限りノートなどに書いてみることです。
自分の気持ちを文字にすることで不眠症の原因が見えてくることもあります。
文字にしたものを読み返してみると、客観的にとらえることができるので、今自分が恋愛の何に悩んでいるのか、不安定な気持ちはどこからくるものなのかということがわかってきます。
自分の不安定な部分が見えてきたら、改善策もわかってきます。
メールの返事が来ないから不安なのなら、あえてメールをしばらく控えてみる、電話の対応が不安なのなら直接会って話してみるそうすることで、不安定な気持ちが改善され、不眠症状で悩まされることも減ることでしょう。

スポンサーリンク