不眠症にかかると平均治療費はどれくらいか

スポンサーリンク

日本人の5人に1人ないし2人が不眠症と診断されています。
経済にも大きな影響が懸念されており、経済的な損失ばかりでなく、罹患している人々の心理的、身体的な苦痛を和らげるためにも治療を最優先することが問題解決方法です。
初診料や平均的な治療費はどの程度かかるのか、事前に調べてから治療を受けることが大切といえます。
基本的に不眠症は保険診療なので全国どんな医療機関でも、同じ症状であればかかる治療費に大きな幅はありません。
しかし、病状や状況によっては入院が必要となることもあります。
できるだけ早めの治療が早期回復の鍵となるため、眠れない症状が1ヶ月近く続く場合は医療機関ですぐに治療を受けてください。
基本的に入院の中でも検査入院の場合には、1日で済みます。
夜間の症状を具体的に診るのが目的なのですが、検査のためにポリグラフと呼ばれる脳波の測定装置を使用する場合も珍しくありません。
ポリグラフといえば嘘発見器として使用しているイメージですが、不眠症検査にも利用できる物です。
睡眠専門外来で入院が可能となっていますが、検査入院の費用は自己負担額が平均数万円に及ぶ可能性があります。

スポンサーリンク

睡眠障害の種類によっては症状が改善するまで入院することも、しばしば見られます。
一般的に精神科や心療内科で対応することになりますが、症状によってはうつ病や高血圧、肥満が原因のこともありますが、主な原因としてはストレスです。
ストレスの原因を探り、解消できるように努力することで病状回復につながることは珍しくありません。
原因がストレスではなく持病や酒、タバコ、カフェインやステロイド剤という事もあります。
医療機関に定期的に通っている場合には、飲んでいる薬が体質とあわないことで惹き起こることもありますので、飲み始めてから不眠の症状が出ていることを医師に伝えて対処してもらってください。
適度な運動や3食毎日バランスよくとることがよい結果につながります。
しかし、何が原因なのかわからない場合や、睡眠できないと自覚している場合はすぐに医療機関でカウンセリングを受けてください。
初診料は平均的に5000円程度といわれています。
医療機関によって上下しますので、確認してください。
定期的な治療は症状が重ければ治療費が高く、軽い場合は安くなります。

スポンサーリンク