喫煙者が不眠症になりやすい原因

スポンサーリンク

みなさんの周りに、喫煙者の人はどのくらいいるでしょうか。
最近では、たばこの健康への悪影響などが広く知られるようになり、値上げなどの影響もあり、禁煙をする人も多くなっています。
社会的にも禁煙を促す風潮であるにも関わらず、中毒性の高いたばこを止められない人が一定数いるのも事実です。
喫煙することでリラックスできるから、吸わないとイライラしてしまうから等が禁煙できない理由として挙げられます。
しかし、実際には、喫煙がリラックス効果とは真逆の作用も引き起こしている事をご存知でしょうか。
確かに、たばこにはリラックス効果をもたらす鎮静作用もありますが、それはほんの少しの間だけの作用です。
そのあとに長時間に渡り作用するのが覚醒作用です。
この覚醒作用は、たばこの主成分のひとつであるニコチンにより引き起されます。
覚醒作用により、多大な影響を受けるものがあります。
それは睡眠です。
睡眠は私達の生命活動において重要なものですが、喫煙することにより、眠りが浅い、寝つきが悪い、眠りの時間が短いなどの影響が出てきます。
実際に、喫煙が原因となる不眠症患者は多くいて、禁煙をすることで、不眠症症状が改善されたという例も多数あります。

スポンサーリンク

喫煙と睡眠には深い関係があるということを書きましたが、実際に不眠症の症状に悩まされている人の数は、非喫煙者と比べるとどれくらいの違いがあるのでしょうか。
なんと、4倍から5倍多く不眠症に悩まされている人が多いというのです。
この数字を見ると、やはり不眠症にたばこが影響しているという話が真実であることが分かります。
つまり、不眠症に悩んでいる人は、原因となるたばこをやめれば、安らかな眠りを手に入れることができるのです。
しかし、先ほども書いたように、その中毒性から、実際に禁煙をしようとしても成功することは難しいという人もいます。
そんな時の対処法としては、寝る2時間前にはたばこを吸わないようにすることが有効です。
原因となる血中のニコチンの量が半減するのが、たばこを吸ってから2時間後だと言われているからです。
そのため、寝る前2時間はたばこを控えるのが有効なのです。
そうはいっても、ニコチンの量は半減しただけで全て無くなった訳ではありません。
そのため、多少の寝つきの悪さや、眠りの浅さは残っています。
また、ニコチンの禁断症状により、イライラしたりすることもあると思いますが、そこを我慢すれば、不眠解消への糸口が見つかるかもしれないので、頑張って耐えましょう。
まずはこの方法から初めてみて、眠りの質の向上が実感できたら、禁煙をすることも検討してみてください。
これからのためにも、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク