不眠で分かる深刻な病の症状や病気

スポンサーリンク

布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、眠れても夜中に何度も目を覚ましてしまったり、また起きる時刻より大幅に早く目がさめてしまうなど、このような症状は不眠症になっている可能性が高いようです。
一時的に眠れないことは、日中の興奮や緊張などで起こる事もありますが、一ヶ月以上このような眠れない症状が続くなら病院を受診してみると良さそうです。
気を付けたいのは、不眠の原因となっている病気が隠れていることがある事です。
不眠で分かる深刻な病はいくつもありますので、病院で病気の存在を調べる為に、問診や検査が必要なことも少なくありません。
例えば、不眠で分かる深刻な病として、うつ病があるようです。
また、パニック障害や自律神経失調症なども重なっている場合もあります。
うつ病なんて他人事だと感じるかもしれませんが、うつ病は、発症する人が増えている傾向のある病気のようです。
その為、不眠で分かる深刻な病を疑う際に、うつ病を頭に入れておくと良さそうです。
不眠からうつ病になる方もいれば、うつ病から不眠になる方もいらっしゃるようです。
これは、脳内のセロトニンの減少だとも知られています。

スポンサーリンク

その為、その症状を改善させる処方をしてもらう必要がありそうです。
うつ病は、気持ちの持ち方次第という考えは、本人をさらに辛い症状にさせてしまう場合があるようです。
うつ病は適切な薬で改善されることが分かっているので、早めに専門医師のいる病院を受診してみるのが良さそうです。
また中高年以降の方で、降圧剤を服用している方は不眠症の症状で辛い思いをしている方も少なくないようです。
他にも抗がん剤やステロイド剤など中枢神経に働きかける薬は不眠に繋がる場合もあるようです。
薬の副作用としての不眠を疑われる方も、医師に相談して薬の種類を変えてもらったり、睡眠導入剤を処方してもらうなど改善策を見つけてみると良いかもしれません。
不眠で分かる深刻な病を見逃さないように、一ヶ月以上不眠が続く場合には、神経科や心療内科などの専門医師のいる病院を受診してみて下さい。
また合わせて、ヨガやストレッチ、ウォーキングなど無理のない自分にあうリラックス法やストレス解消法なども見つけてみると良さそうです。
うつ病の場合は本人が自分で気がつきにくい場合もあるので、周りの方が早い段階で気がついてあげるのも大切かもしれません。

スポンサーリンク