症状が重度の不眠症の方

スポンサーリンク

人間にとって睡眠はとても重要です。
睡眠時間が短いと脳の働きが悪くなります。
眠れない症状がある方は心に病みがあるかもしれません。
眠たいのに寝ることができない、布団に入ると色々と考えてしまう、夜中に何度も目が覚めて寝た気になれない、1日中眠たい感じがあるなどの症状があり、1日中ボーとしている、やる気が起きなくて体がだるいなどの症状もある方は不眠症かもしれません。
不眠症が重度になると心が疲れてしまい更に症状は悪化していき危険な状態になります。
眠ることだけを考えるが眠れない日を過ごしたり、諦めて眠らないことを考えてしまう方もいます。
このような症状がある方は入院をすることをおすすめします。
脳に異常が起こり、思考能力がなくなり頭痛や吐き気、めまいなどが起こることもあります。
寝れない日々が続くと眠ることが恐怖に感じる方もいます。
眠れない闇の世界に入っていきます。
被害妄想や自分の存在すら否定する方もいます。
治療が必要です。
治療をすると症状は緩和して改善していきます。
眠れない日が続いている方は早めに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク

重度の症状がある方は入院をした方が良いでしょう。
入院して治療をすることや病院のケアで安心して眠ることができます。
ゆっくり休むことも大切です。
薬物療法の他にも良く眠れるように枕や寝具やベットを変えてみる、寝室の環境を変える、専門の睡眠治療のクリニックを利用、音楽や香りでリラックスする、カウンセリング、仕事や家事を休むなどの対策が必要です。
不眠症になった原因を取り除いてみましょう。
仕事、家事、人間関係、大切な人やペットの死などストレスになった原因を考えることが大切です。
不眠症から他の病気になることもあります。
うつ病、自律神経失調症などの患者も不眠症を併発することが多いです。
心療内科、精神科などのクリニックを受診しましょう。
以前の暗いイメージとは違い明るく患者が不安がらないようにリラックスできる工夫がしてあります。
心を落ち着かせて安心して受診しましょう。
重度にならないなように早めに治療をしましょう。
治療をすると緩和して心が楽になります。
ゆっくり眠れるために治療をします。
たくさんの方が不眠症で悩んでいます。

スポンサーリンク