臨月になるとおこる不眠の原因とは

スポンサーリンク

妊娠すると、一日中眠くて眠くて仕方がないという人が多く見られます。
これにはきちんとした原因があり、プロゲステロンという女性ホルモンがたくさん作られるためです。
体温を高める働きがありそれが眠気につながるのです。
しかし、臨月になると今度は眠れないという妊婦さんが増えてきます。
実はこれにも理由があるのです。
妊娠後期になると、エストロゲンという女性ホルモンがたくさんできるようになります。
これは眠りを浅くする働きを持っています。
また、臨月になるとおなかの赤ちゃんはだんだん下へ下がってきます。
すると膀胱を刺激するためにトイレが近くなります。
眠りが浅いうえにトイレが近いということが不眠の原因になるのです。
そのほかにも、臨月のおなかの大きさはかなり大きく、もう寝返りをすることが困難になってきます。
それでも無意識に寝返りを打とうとすると、上手く出来ずに目が覚めるということもあります。
そして最大の原因はやはり出産に対する不安でしょう。
出産は病気ではありませんが、やはりおなかの中の新しい命を誕生させるということは誰でも不安な気持ちになるものです。
このように、臨月の不眠の原因はいろいろなものが複雑に絡み合って起こるものなのです。

スポンサーリンク

では出産を控えた臨月の妊婦さんが、安心して眠るためにはどうしたらよいのでしょうか。
おなかの大きさなどでどうしても長時間の睡眠の確保が難しい場合は、睡眠の質そのものを高めるように工夫しましょう。
心地よい疲れは人を眠りへと導いてくれます。
臨月だからといって静かにするのではなく、適度な運動を心がけ、寝る前には体を温めることが安眠への近道になります。
また出産後の授乳にも重宝する抱き枕も有効的です。
抱き枕は寝返りの際のおなかの保護にも役立ちますのでぜひ試してみましょう。
しかしそうはいっても臨月になるとなかなか長時間の睡眠は取りづらいものです。
そのことを気にするあまり不眠になってしまわないように、お昼寝などでこまめに睡眠時間を確保してみましょう。
出産後は赤ちゃんのお世話のためにまとまった睡眠がとれなくなります。
臨月に起こる不眠は、これから始まる赤ちゃんのお世話の練習だと思い、気軽にお昼寝などを取るような精神的な余裕を持ちましょう。
もう少しで赤ちゃんに会えます。
精神的に穏やかな気持ちでその日を迎えられるといいですね。

スポンサーリンク