動悸や多汗、イライラ、不眠症などの症状が特徴の更年期障害

スポンサーリンク

歳を重ねると誰でも避けて通ることができないのが更年期です。
更年期は女性の場合は閉経を挟んだ前後10年間を指し、日本人女性の閉経の平均が50歳ということから45歳から55歳くらいまで、男性の場合は女性のような明確な定義はありませんが40代後半から60代くらいまでが更年期と言われる時期になります。
そもそも更年期はなぜ起こるのかというと、女性は女性ホルモンのエストロゲン、男性は男性ホルモンのテストステロンというホルモンが急激に減少することによっておこります。
そしてそれぞれのホルモンが減少することによって動悸や多汗、のぼせ、ほてり、めまい、イライラ、欝、関節の痛み、肩こり、腰痛、頭痛、手足の痺れ、冷え症、不眠症、吐き気、食欲不振、便秘、下痢、身体の痒み、むくみ、抜け毛、性欲減退、倦怠感など心身に様々な症状がおこり、更年期による不調を更年期障害と言います。
特に女性は男性よりも更年期障害の症状があらわれやすい傾向がありますが、動悸や多汗、ほてり、イライラ、不眠症などは甲状腺疾患でもおこる症状なので注意が必要です。

スポンサーリンク

それでは更年期障害の症状を改善する方法について説明します。
先ほど述べたように更年期障害が起こる原因は急激なホルモンの減少です。
したがって減少するホルモンを補うことで症状は改善されるということになります。
まず軽度の症状はセルフケアで改善することができます。
具体的には女性の場合はエストロゲンと似た作用をする大豆イソフラボンやザクロをサプリメントやドリンクなどで摂取し、男性の場合はテストステロンを増やす効果のあるアルギニンや亜鉛、マカなどをサプリメントで摂取します。
この方法は更年期障害の予防にも効果的ですので、男女ともに40歳を過ぎた頃から積極的に摂取することをオススメします。
次に日常生活に支障をきたすような重度の場合はセルフケアのみでの改善は難しくなります。
重度の場合は専門のクリニックで注射や貼り薬、内服薬などによる治療を受けることで症状は改善されます。
その他にもイライラや欝、不眠症などが酷い場合は心療内科、吐き気や食欲不振、便秘、下痢などが酷い場合は消化器科などと並行して治療を行うこともあります。

スポンサーリンク