様々な理由で起こる不眠症一睡もできない日も大丈夫

スポンサーリンク

現代社会において、不眠症に悩んでいる方はとても多いと言われています。
一睡もできない辛さは勿論、寝付くまでに時間が掛かってしまったり、眠った気がしなかったり、早朝から目覚めてしまったりなど不眠症には様々な種類があります。
不眠症は入眠障害、中途覚醒、熟眠障害、早朝覚醒などに分類されます。
布団に入ってから実際眠るまでに異常な時間が掛かってしまうのが入眠障害です。
中途覚醒は、夜間に何度も目が覚めてしまう不眠症です。
人間の睡眠は、浅い眠りと深い眠りを波のように繰り返して構成されていますが、浅い眠りの時に目が覚めてしまいます。
眼が冴えると再び眠るまで時間を要してしまったり、その後一睡もできない場合もあったりするため、睡眠不足で翌日に疲労が残りやすくなります。
熟眠障害は、よく眠っているつもりでも、質のよい睡眠がとれていないため睡眠不足に陥ってしまう不眠症です。
眠っているときに呼吸が止まり睡眠が阻害されてしまう、睡眠時無呼吸症候群が原因のひとつによく挙げられています。
不眠症になる理由もまた様々です。
近年よく指摘されている理由はストレスや自律神経の乱れ、寝る前のスマートフォンやタブレット、パソコンの使用などがあります。
その他の理由としては夏の暑さ、カフェインの摂取、興奮や薬の副作用があります。

スポンサーリンク

このような不眠症は、少しの工夫によって改善をはかることができます。
ゆったりとした音楽を聴きながらホットミルクを飲むとリラックスして眠る時間を迎えることができますし、そこにラベンダーのアロマがあればさらに効果的です。
またスライスした玉ねぎを枕元に置くと、硫化アリルという成分によって神経が落ち着き、入眠しやすくなると言われています。
ノートに一日の出来事を書き綴って気持ちを整理するのもよい方法です。
それでも眠れずに朝が来てしまったら、一日の始まりから憂鬱な気分になりがちです。
しかし考え方一つで気楽になれます。
ずばり一睡もできない理由は、今の身体にとって眠る理由がないからなのです。
人間には睡眠が不可欠ですが、つまり裏を返せば睡眠が必要なときは身体から強制的に睡眠を取らされるということです。
睡眠不足が続いた後、耐え難い眠気で一瞬意識が飛んだりした経験がある方も多いと思いますが、身体が睡眠を欲するとこのように強制的に眠らされるのです。
また自分では一睡もできないと思っていても、暗い部屋でじっと横になっているだけで身体は休んでいるものです。
じっと目を瞑っていたら、自覚がないだけで実は3、4時間くらい眠っていたということもあるようです。
一睡もできないで朝を迎えてしまったとしても、身体が休めていればなんとか乗り切れるものです。
一日頑張ったその夜はきっと、ぐっすりと気持ちの良い眠りが待っているはずです。

スポンサーリンク