不眠症回復のための治療期間とは

スポンサーリンク

人間の三大欲求の一つである睡眠は、一日動かした体や心を休ませるために必要です。
睡眠は毎日行う行為なので、快適に眠りにおち、ぐっすりと眠ってすっきりと朝起きたいものです。
しかし、ストレスなどで交感神経・副交感神経のバランスが乱れてしまうと、体が疲れているのに眠れないなどの症状が現れます。
不眠症とは、布団に入っても寝つきが悪く、眠ってもすぐに目が覚めてしまうなど睡眠を維持できない・眠っているのに眠りが浅く感じて疲れが残ってしまうという症状が起こる睡眠障害です。
布団に入ってからもなかなか眠ることができず、1時間以上も寝付くことができない入眠困難、眠りに入ったが何度も目がさめてしまう中途覚醒、目覚ましをかけているのにそれよりもずっと早く目覚めてしまう早朝覚醒、眠りが浅く熟睡感が感じられない熟眠障害など、不眠症でもさまざまな症状がありこれら一つ、または複数持ち合わせている人もいます。
長期間眠れないということは、ただ眠れないというだけではなく、睡眠をとっていないことによる身体的・精神的苦痛や影響により、社会的にも日常生活においても多大な支障をきたします。

スポンサーリンク

不眠症の原因となっているものに、ストレスや環境・加齢による頻尿・アルコール摂取などがあります。
海外旅行で時差があると、一時的に睡眠のバランスがくずれやすくなりますし、旅先で枕が代わるとなかなか眠りにつくことが出来ないという人もいます。
眠りにつくまえの寝酒は、適量であれば寝入りをよくする効果がある場合がありますが、大量に飲んでしまっては逆効果になりますので注意が必要です。
また、昼間に目いっぱい体を動かしたり、興奮が高まっている時などは、体が疲れているのにもかかわらず眠りにつくことができないことがあります。
昼間の興奮が交感神経と副交感神経のスイッチがうまくいかない原因にもなりますので、注意しましょう。
ストレスや心の心配事が多いと、なかなか眠りにつくことができにくいものです。
うつ病の患者の多くは睡眠障害を抱えています。
不眠により二次障害がおきないよう、治療をすることが重要です。
不眠の期間が3日以上続いたら、病院を受診して治療を開始することをおすすめします。
不眠症の治療では、主に薬物療法を行います。
治療期間は患者により違いがあります。
医師と相談の上きちんと処方された薬を服用しましょう。

スポンサーリンク