不眠症治療薬の一覧にある主な種類

スポンサーリンク

不眠症とはいえども、体調や症状によって飲んだほうがいい治療薬は異なります。
相性によって効果異なるため、事前に一覧を確認して医師と相談し、手に入れている人も少なくありません。
気をつけてほしいのが、自己判断によって薬を飲む量を減らしたり、断薬しないことです。
逆に自己判断での無料を増やすこともよくありません。
依存性の高い薬も少なくないため、利用や断薬には医師の判断が必要です。
一覧仁掲載されている不眠症治療薬は複数の種類があります。
最も処方されているのは、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系です。
効果がピークになる時間がそれぞれ異なるため、4種類に分かれています。
一番短時間で効果を実感できる物は1時間未満で効果を発揮し、2〜4時間後には効き目が切れる超短時間型と、1時間から3時間の間に効果を発揮し、6〜10時間程度で効き目が切れる短時間型です。
早く効果が出る薬は切れるのも早いと覚えてください。
中時間型は効果を発揮する時間は短時間型と変わりませんが、24時間前後で効果が切れます。
長時間型は3〜5時間程度で効果が出ますが、切れるのは中時間型と一緒です。
ポイントは効果を出したい時間を計算して飲むことです。

スポンサーリンク

最も自然に近い感覚で眠りにつける不眠症治療薬は、メラトニン受容体作動薬です。
他の薬ほど作用は強くありませんが、副作用も少なく穏やかな作用を促します。
体内にあるメラトニン受容体を薬によって刺激させるため、一覧の中で最も安全な薬と考える人もいるほどです。
最も歴史のある薬としてはバルビツール系といわれています。
1950年代から使用されている伝統のある薬で、効果が非常に強く、副作用も懸念されるため飲む時には医師の指示に従って正しい量を飲んでください。
特にバルツビール系は大成や副作用が強いので注意が必要です。
ベンゾジアゼピン系はバルツビール系よりも穏やかな作用をもたらします。
種類が豊富で処方された人も少なくありません。
ただ、副作用も出ることがありますので、飲むたびに医師との相談が重要です。
ベンゾジアゼピン系よりも副作用が少ないのは、非ベンゾジアゼピン系だといいます。
薬で眠りにつかせる効果はもちろんですが、筋肉を緩めてしまう効果もあるため、効果が出やすい分、飲む時には場所を選んだほうが安全です。
ふらつきやめまいが懸念されているので注意してください。
それぞれの症状にあったものを医師と相談して飲むこと、定期的に医師の診察を受けることが重要です。

スポンサーリンク